12歳以下の小学生におすすめの脱毛方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小学生 脱毛方法

「うちの娘はまだまだ子どもだから、脱毛なんて先の話」と思っているお母さんをよそに、ひそかにムダ毛の悩みを抱えている小学生は少なくありません。

脱毛知識のないお子さんが、自己流の処理をして肌を傷つけてしまわないよう、早いうちから安全な処理方法を教えてあげたいですね。

ここでは、12歳以下の小学生におすすめの脱毛方法について解説していきたいと思います。

12歳以下の小学生におすすめの脱毛方法とその理由

小学生が脱毛するためには、第一に安全であること、第二にできるだけ痛みが少ない方法であることが大切です。

この観点から、小学生でも安心して利用できるおすすめのムダ毛処理方法は、以下の4つとなります。

電気シェーバー

電気シェーバーは、刃が直接肌に触れない構造なので、ムダ毛処理に不慣れなお子さんでも安全に使用できます。

カミソリのように毛の根元ギリギリまで剃ることが難しいため、太く濃い毛は剃り跡が気になることがありますが、小学生の体毛は大人に比べて細いため、その点はあまり問題にならないでしょう。

脱毛サロン

脱毛サロンでは、「光脱毛」という方法でムダ毛処理を行います。

メラニン色素に反応する光を肌に当てることで、毛を作る元である毛乳頭や毛母細胞にダメージを与える仕組みです。

毛周期に合わせて2~3ヶ月に1回、2~3年前後の期間をかけて通うことで毛をなくしていきます。

最近は脱毛の低年齢化を受け、年齢制限を設けていないサロンや、幼稚園児や小学生が対象のキッズ脱毛を行うサロンも増えています。

痛みをほとんど感じないマシンを扱っているサロンなら、小さなお子さんでも抵抗なく施術が受けられます。

合わせて読みたい

脱毛クリニック/美容皮膚科

脱毛クリニックや美容皮膚科で受けられる「医療レーザー脱毛」。毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えるという仕組みは、光脱毛と同じです。

しかし、レーザーは単一の波長で狙った部分にピンポイントで照射でき、またマシンの出力も高いため、光脱毛よりも少ない回数、短い期間で脱毛が完了します。

【脱毛完了までの回数と期間】
光脱毛:12~18回程度/2~3年
医療レーザー脱毛:5~8回程度/1年~1年半

出力が高い分、痛みが強いという声も多い医療レーザー脱毛ですが、最近は「ソプラノアイス・プラチナム」や「メディオスターNeXT PRO」など、痛みがほとんどないマシンを導入しているクリニックも多数あります。

ただし、脱毛クリニックは生理が安定する高校生あたりからの施術を推奨していることも多いので、一度カウンセリングで相談してみましょう。
合わせて読みたい

家庭用脱毛器

「エステサロンやクリニックに通うのは、さすがにまだ早い気がする」
「サロンへの送り迎えが大変」
「近くに脱毛サロンやクリニックがない」

そんなときにおすすめなのが、家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器は、プロ仕様のマシンに比べて出力が低いため、脱毛効果の現れ方はゆるやかです。

しかし、脱毛サロンやクリニックが2~3ヶ月ごとに通うのに比べ、家庭用脱毛器は2週間に1回程度の使用が可能なため、パワー不足を回数で補うことができます。

また、成長期に脱毛しても、ホルモンバランスが整った数年後にまた毛が生えてくるケースも多いですが、家庭用脱毛器なら必要に応じて何度でも使えるため、経済的です。

合わせて読みたい

12歳以下の小学生にはおすすめできない脱毛方法とその理由

子供の皮膚は大人に比べて薄いため、ダメージを受けやすくバリア機能も未熟です。

肌への負担が大きい以下の3つの脱毛方法は、できるだけ避けましょう。

  • カミソリ
  • 毛抜き/ワックス/脱毛テープ
  • 除毛クリーム

カミソリでのシェービング

カミソリは手軽で安価なので、ご自身のムダ毛処理にも使っているお母さんは多いと思います。

しかしカミソリは、ムダ毛と一緒に肌表面の角質層も削っているのをご存知でしょうか。

角質層は、紫外線や乾燥、外部刺激から肌を守る役割を果たしています。そのため、ムダ毛処理のたびに角質層を削ることで、肌は乾燥しやすくなり、赤みや湿疹などの炎症が起こりやすくなります。

また、毛が皮膚の下で育つ「埋没毛」になる可能性もあります。

合わせて読みたい

小さいうちは、カミソリをうまく使いこなせずに肌を傷つけてしまうなど、カミソリでの処理はデメリットだらけです。できる限り避けましょう。

毛抜き/ワックス/脱毛テープ

毛抜きやワックス、脱毛テープなどは、毛根にしっかりとくっついている毛を無理やり引き抜くため、毛穴に大きなダメージを与えます。

さらに、ワックスや脱毛テープは粘着力が強く、毛流れに逆らって剥がすため、角質層も一緒に剥がれる恐れがあります。

いずれもデリケートな肌には負担が多く、痛みも伴うため、小学生の脱毛方法としてはおすすめできません。

除毛クリーム

除毛剤には、クリーム、ジェル、フォームなど様々なタイプがありますが、いずれにも除毛成分である「チオグリコール酸カルシウム」と、パラベンなどの防腐剤が入っています。

敏感肌用の製品の場合、これらの成分の配合量が少なかったり、保湿成分が含まれたりしますが、それでも幼少期のデリケートな肌には刺激が強すぎるケースが多いです。

かゆみや発疹、カブレなどの皮膚トラブルを起こすリスクが高いため、使わないようにしましょう。

女の子がムダ毛に悩む部位とそれにピッタリの脱毛方法

小学校1・2年生でも、親の目から見て気になるほど、体毛の濃いお子さんは少なくありません。

また、高学年になって第二次性徴期に入ると、今まで生えていなかった部分に毛が生えてきます。

では、小学生の女の子はどの部分のムダ毛が気になっているのか、その部分におすすめの脱毛方法と合わせて見ていきましょう。

【ワキ】手軽なボディ用電気シェーバーが最適

一般的に思春期と言われる第二次性徴期になると、陰毛やワキ毛といった今までなかった毛が生えてきます。

ワキ毛は半袖やタンクトップ、体育の授業で水着を着たときに見えることがあるため、気にするお子さんは多いようです。

また、この頃の成長は個人差が大きいため、周りの子は生えておらず、誰にも相談できすに悩んでしまうこともあります。

生えはじめのワキ毛には、ボディ用電気シェーバーがおすすめです。まだ大人のワキ毛ほど太さや硬さがないので、電気シェーバーで十分きれいに処理できます。

ただ、水泳やバレエ、ダンスなどの習い事をしていて、毎回自己処理をするのが面倒という場合は、サロンやクリニックでの脱毛を検討しても良いでしょう。

【鼻の下・口周り】細かい部位に適したフェイス用電気シェーバーがおすすめ

いわゆる「ヒゲ」は、思春期の女の子にはとても気になる部分です。

生理がきて、女性ホルモンが安定すれば薄くなるケースも多いですが、ホルモンバランスが不安定な間は、女の子でも男性ホルモンが分泌されるため、一時的に濃くなる時期があるのです。

そんな鼻の下や口周りの処理には、スティックタイプのフェイス用電気シェーバーが良いでしょう。

細かい部分の処理がしやすく、またカミソリのようにあやまって肌を切ってしまうこともありません。

合わせて読みたいレディース用の電気シェーバーによる女性のムダ毛処理方法について

【腕やひざ下】徐々に毛量を減らしたいなら家庭用脱毛器

本人がそれほど気にしていないようなら、痛みもなく肌にもやさしい家庭用脱毛器で徐々に毛を薄くしていくのがおすすめです。しかし、

  • 毛が多いことを友だちにからかわれて悩んでいる
  • バレエや水泳などの習い事をしている

といった場合は、ボディ用電気シェーバーで処理してあげましょう。

また、毎回処理するのが面倒な場合は、キッズ向けの脱毛コースを受けるという選択肢も視野に入れましょう。

男の子がムダ毛に悩む部位とそれにピッタリの脱毛方法

男の子は女の子よりも一足遅れて成長期がくるため、小学生のうちはそれほど体毛が生えていない子の方が多いかもしれません。

しかし、だからこそ「自分だけが毛深くて恥ずかしい」というコンプレックスを持ってしまいがちです。

「男の子なんだから毛ぐらい生えていても大丈夫」と思わずに、お子さんが気にしているようなら安全な処理の仕方を教えてあげましょう。

【ヒゲ】まだ細い毛にはスティックシェーバーがおすすめ

早いお子さんは、4・5年生ぐらいになるとヒゲが目立ち始めます。

小学校高学年は女の子の目が気になる時期なので、そろそろ子ども専用の電気シェーバーを用意してあげましょう。

ただ、この頃のヒゲは大人のように硬くも太くもないので、お父さんが使うような高価なものは必要ありません。

むしろ、本格的なシェーバーはヘッドが大きいため、ニキビなどがあると傷つけてしまうこともあります。

そこでおすすめなのが、スティックタイプのメンズシェーバーです。軽くて小回りがきくことからお子さんでも扱いやすく、ひげ剃りデビューに最適です。

価格も2,000~3,000円ほどとお手頃です。

【すね毛】シェーバーまたは家庭用脱毛器で毛量を減らす

小学生の男の子の場合、女の子ほどすね毛を気にすることはないかもしれません。

ですが、この時期は濃い子と薄い子の差が大きいため、友達と比較してコンプレックスを感じているようなら、剃るのではなく「すく」のも1つの方法です。

ボディ用シェーバーには、トリマーと呼ばれる毛量を減らすためのアタッチメントがついているものがあります。剃るのとは違い自然な形で毛を目立ちにくくでき、肌への負担もないのでおすすめです。

また、「家庭用脱毛器」なら、お好みの毛量まで減らしてその状態をキープすることもできるので、つるつるにはしたくないという男の子にもおすすめです。

小学生におすすめの脱毛サロン紹介

脱毛サロンには、親の同意や同伴を条件に、小学生でも施術が受けられるところがたくさんあります。

そのなかから、小学生歓迎の脱毛サロンを紹介します。

【ディオーネ】3歳から利用可能

ディオーネは、小学生どころか3歳から脱毛が可能です。

一般的な脱毛は、毛を作る元である毛乳頭に熱を発生させてダメージを与えるため、どうしても痛みや刺激を感じてしまいます。

一方、ディオーネの独自技術である「ハイパースキン脱毛」は、従来のような高熱を発生させる方法ではないため、施術中に寝てしまう子もいるほど痛みがありません。

また、脱毛期間中は日焼け厳禁が常識となっていますが、ディオーネは、炎症さえなければ日焼けした肌でも施術が受けられます。

体育や外遊びなど、紫外線に当たる機会が多い小学生でも安心の脱毛サロンです。

ディオーネ公式サイトをチェック

【エピレ】7歳から通えるキッズ脱毛コースあり

エピレはエステティックTBCがプロデュースする脱毛専門サロン。7歳から施術可能なキッズ脱毛コースがあります。

初回限定のファーストプランなら、「両ワキ脱毛6回」が500円、「19部位からから選べる2ヶ所脱毛」が980円で受けられます。

選べる19部位のなかには、小学生のお子さんが気になるひじ下やひざ下、鼻下やあごなども含まれます。

お試しプランなのに、通常と同じ工程でしっかり施術が受けられるので、脱毛をさせてみたいけど、効果や子供の反応を見てから決めたいという方におすすめです。

エピレ公式サイトをチェック

【脱毛ラボ】キッズ脱毛は通常料金の20%オフ

脱毛ラボでは、15歳以下のお子さんには通常料金の20%オフで受けられる割引を行っています。

さらに、家族や友人などの紹介なら30%オフで受けられるので、いずれ利用したいと考えているならば小中学生のうちが断然お得です。

また、脱毛ラボでは、最近SHR脱毛器を導入しました。

SHR脱毛器の特徴は、従来の脱毛器で難しかった日焼け肌やうぶ毛にもしっかり脱毛効果があること。

日焼けが避けられないお子さんや、大人ほど毛の色が濃くないお子さんの腕や足の毛でも安心です。

脱毛ラボ公式サイトをチェック

小学生におすすめの医療脱毛クリニック紹介

脱毛クリニックは、脱毛サロンに比べて推奨年齢が高めなので、小学生でも受けられるクリニックが限られてしまいます。

とは言え、「短期間で脱毛が完了する」「医師が常駐しているため、万が一肌トラブルが起きた際にもすぐに処置してもらえる」といった医療機関ならではのメリットもあります。

【聖心美容クリニック】とにかく痛いのは嫌というお子さんにおすすめ

聖心美容クリニックでは、「ソプラノアイス・プラチナム」という蓄熱式の医療レーザー脱毛器を使用しています。

従来の医療レーザー脱毛は、高熱で毛乳頭にダメージを与えていましたが、ソプラノアイス・プラチナムは、「バルジ領域」という発毛因子を作りだす部分に弱い光を連続して照射し、徐々に熱を溜めて破壊する方法です。

高熱を発しないため痛みがほとんどなく、さらに、施術の際は強力な冷却装置で肌を冷却することで、さらに痛みを緩和します。

一部位脱毛の初回限定価格は5,000円。施術時に痛みを感じたら返金のサービスもあります。

小学5.6年生には、通常の施術料金から50%引きの「子ども脱毛割引」が適用されます。

聖心美容クリニック公式サイトをチェック

【湘南美容クリニック】通いやすい脱毛クリニックをお探しの方におすすめ

医療レーザー脱毛は、エステ脱毛の約半分の期間・回数で済みますが、それでも2~3ヶ月おきに1年間ほどは通う必要があります。

湘南美容クリニックは、全国にある78院のほとんどが駅から徒歩1~3分、遠くても5分前後の場所にあるため、送り迎えの負担がありません。

3種類(女性用は2種類)の脱毛器を扱っていますが、「ウルトラ美肌脱毛」というマシンは、腕や足であればほとんど痛みはありません。

また、テスト照射が無料で受けられるので、契約前に続けられそうかどうか実際に照射体験をして確認できます。

湘南美容クリニック公式サイトをチェック

小学生におすすめの家庭用脱毛器は「ケノン」一択

現在日本に流通している家庭用脱毛器のほとんどは、エステで使用しているのと同じIPL(インテンスパルスライト)という光脱毛を採用したものです。

家庭用脱毛器は多くのメーカーから発売されていますが、おすすめは人気・知名度ともナンバーワンの「ケノン」です。

10段階もの細かい出力調整ができるため、脱毛部位や毛質、痛みなどに合わせて使えます。

69,800円と決して安くはありませんが、1つのカートリッジで30~100万発の照射が可能なため、脱毛したい箇所が複数ある場合はサロンやクリニックに通うよりもずっと経済的です。

カートリッジは本体に装着されているもののほかに2個、つまり合計3個付属されています。3つ合わせれば、お子さんの脱毛どころか、家族全員で全身脱毛できるほどの照射数になります。

それぞれが自分専用のカートリッジを持って、みんなで使えるのも嬉しいですね。

ケノン公式サイトをチェック
(※2019年3月時点で、脱毛器購入の方にはEMSマシンも全員プレゼント)

小学生におすすめの電気シェーバー紹介

次は、小学生でも扱いやすい電気シェーバーを3つ紹介します。

ブラウン シルク・エピル レディーシェーバー

高品質な男性用シェーバーを数多く開発しているブラウン社の女性用ボディシェーバー。小学生が気にするワキ、腕、足など全身のシェービングが可能です。

防水設計なので、お風呂での使用も可能。付属のトリマーは、男の子のすね毛の量を減らす際にも便利です。

また、Vラインにも対応しているので、中高生になっても使えます。

ブラウン シルク・エピル公式サイトをチェック

パナソニック レディースシェーバー フェリエ ボディ用

スティックタイプのボディ専用シェーバー。

フェイス用のようなスリムな形状ながら、ボディ専用刃を使用しているため、産毛から太めの毛までしっかり剃れます。

また、左右10度に動くスイングヘッドが肌に密着するので、凸凹面のあるワキも、剃り残しの心配がありません。

パナソニック レディースシェーバー公式サイトをチェック

パナソニック メンズシェーバー ER-GB20-K

小学生男子のヒゲ処理におすすめなのが、パナソニックのメンズシェーバーER-GB20-Kです。

生えはじめの柔らかい毛でもきれいに剃れると、アマゾンでも高評価の人気商品です。

大人用のシェーバーとは違って先端が細いため、ニキビができていてもその部分を避けて剃ることができます。

刃の部分は水洗いできるので、お手入れが簡単で清潔。刃はステンレス製で、約5年間切れ味が続きます。

パナソニック メンズシェーバーの購入はこちら

小学生で脱毛は早い?リスクやデメリットについて知りたい

お子さんのムダ毛の悩みをなんとか解決してあげたいと思う反面、あまりにも低年齢のうちに脱毛をすると、何か体に悪影響やリスクがあるのではという心配もあるでしょう。

実際、小学生で脱毛をすることにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

日焼けをすると脱毛できない

脱毛サロンやクリニックで脱毛をする際、注意点として必ず言われるのが、「日焼けをしてはいけない」ということ。

フラッシュやレーザーは、毛乳頭のメラニン色素に反応して熱を発生させるのですが、紫外線を浴びた肌表面には、メラニン色素が大量に作られます。そのため、レーザーが肌に反応してヤケドを起こす危険性があるのです。

小学生は体育やプールなど、外で活動する授業があり、休み時間や放課後は外遊びをすることも多いでしょう。脱毛するからといって屋外の活動が制限されると、生活に支障が出てしまいます。

しかし、夏場など日焼けする時期を避けるとなると、毛周期に合わせた効果的な脱毛ができなくなります。

まだまだ外で遊びたいお子さんは、日焼け肌でも施術可能な脱毛器を採用しているサロンを利用すると良いでしょう。

小学生のうちに脱毛してもまた毛は生えてくる!?

成長期に入りたての小学校高学年の頃は、成長ホルモンの分泌が不安定です。

ですから、今毛が濃くても、生理が安定して女性ホルモンがしっかり分泌されるようになると自然に薄くなることもあり、逆にせっかく脱毛しても、中高生のホルモン分泌が盛んな時期に、また生えてきてしまうこともあります。

ただ、小学生のムダ毛は、からかいやいじめの原因になることもあるため、半永久的な効果が見込めないからといって、処理を先延ばしにするわけにはいきません。

現在のお子さんの悩みや問題を取り除いてあげるというスタンスで、脱毛サロンやクリニックを利用するのも一つの方法です。

まとめ

小学生のムダ毛事情は、お父さんお母さんが子どもだった頃とは変わってきています。

「それぐらいの産毛は生えているのが当たり前」
「小学生がムダ毛処理なんて早すぎる」

そんな風に突き放したり、対処法を教えずにいると、お子さんは自分で安易なムダ毛処理をしてしまいます。

幸い今は、それぞれの事情に合わせて選択できるたくさんの脱毛方法があります。お子さんの悩みを解消するためにも、将来のきれいな肌のためにも、ぜひ正しいムダ毛処理が身につくよう導いてあげてくださいね。
こちらの記事もおすすめ!
最新の脱毛キャンペーン情報をまとめてみました

2019年6月度の脱毛キャンペーン一覧表を確認するならこちら

先週アクセスの多かった脱毛の人気記事BEST3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加