脱毛サロンの光脱毛は本当に毛が抜ける効果があるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛サロンの脱毛器

近年脱毛サロンは、店舗が増え、施術料金もお手頃になったことから、オシャレや身だしなみの1つとして、美容院のように気軽に利用できるようになりました。

しかし気になるのは、ちゃんと毛が抜ける効果があるのかということ。

そこで今回は、脱毛サロンの気になる脱毛効果について解説していきます。

脱毛サロンで行われる光脱毛の種類

いざ脱毛を始めようと思っても、サロンによって色々な脱毛の種類があり、

違いが分からない。なにを基準に選べばいいの?

という人も多いかもしれません。そこでまずは、脱毛サロンの光脱毛について解説していきたいと思います。

まず、よく耳にする「フラッシュ脱毛」は、呼び方が違うだけで光脱毛と同じもの。脱毛サロンで行っている脱毛方法の総称です。

そして、「レーザー脱毛」は、医療行為に位置づけられる脱毛方法。

脱毛クリニックや美容皮膚科などの医療機関でのみ行える方法で、脱毛サロンやエステサロンでは行えません。レーザー脱毛は、「医療レーザー脱毛」とも言われます。

名称 受けられる場所
光脱毛(フラッシュ脱毛) 脱毛サロン/エステサロン
(医療)レーザー脱毛 脱毛クリニック/美容クリニック/美容皮膚科

上記をふまえた上で、次は脱毛サロンで行われる光脱毛の種類について見ていきましょう。

IPL脱毛

IPLとはインテンス・パルス・ライトの略。

脱毛部位に、毛乳頭や毛母細胞のメラニン色素に反応する複数の波長を含む光を照射し、熱を発生させてダメージを与える方法です。

「毛乳頭」は、毛細血管から栄養を受け取って毛母細胞へ届ける部分、そして「毛母細胞」は、その栄養を使い、細胞分裂を繰り返して毛になる部分です。

脱毛の仕組み

つまり、毛が生える元である毛乳頭や毛母細胞に熱ダメージを与えることで、抑毛を促すというのがIPL脱毛です。

仕組みは医療レーザー脱毛と同じですが、マシンの出力がレーザーよりも低いため、照射の際の痛みが比較的少ないのが特徴です。

S.S.C脱毛

S.S.Cとはスムース・スキン・コントロールの略。

毛乳頭や毛母細胞に向けて光を照射する点はIPL脱毛と同じですが、違いは、脱毛の際にに抑毛効果があるジェルを塗ること。

ジェルが光に反応して毛穴の奥に浸透することで、脱毛と同時に毛の生成を抑える相乗効果が狙えます。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)

少し前まで、光脱毛はIPL脱毛とS.S.C脱毛が主流でしたが、近年「SHR脱毛(スーパーヘアリムーバル)」という新しい脱毛方法が注目されています。

SHR脱毛とは、毛乳頭や毛母細胞をターゲットとする従来の光脱毛とは違い、毛根を包んでいる「毛包」や、発毛因子(毛の種)を作る「バルジ領域」にダメージを与える方法です。

脱毛の仕組み

通常の光脱毛は、高熱を発生させることで痛みが出るのがデメリットでしたが、SHR脱毛は弱い光を複数回に分けて照射して徐々に熱を溜める方法なので、肌へのダメージや痛みが少ないのが特徴です。

また、毛根のメラニン色素には反応しないため、日焼けをした肌や色黒の肌への照射ができ、さらにメラニン色素の少ないうぶ毛にも、高い脱毛効果が期待できます。

脱毛サロンによる光脱毛の効果やメリット

脱毛サロンで行う光脱毛ならではのメリットや効果には、どのようなものがあるのでしょうか。

痛みが少ない

単一の波長によりピンポイントで毛根細胞にダメージを与える医療レーザー脱毛に対し、光脱毛は複数の波長を含む光で広範囲に照射をします。

また、光脱毛の出力は、医療レーザー脱毛よりも低くなっています。

そのため、光脱毛は痛みが少ないという大きなメリットがあります。

特に、最近注目されているSHR脱毛は高熱を発しないため、VIOを除いてはほぼ無痛です。

痛みに弱い人、医療レーザー脱毛が痛くて続けられなかった人、痛みを感じやすいVIOの脱毛を希望している人に、光脱毛はとってもおすすめです。
VIOは無痛ではない

VIOだけは、どんな脱毛器でも無痛とはいかず、チクっとした痛みや熱さを感じる人が多いです。ただし、医療レーザー脱毛に比べれば格段に痛みは少なく、痛くて施術が続けられないということはないです。

ヤケドや肌トラブルのリスクが低い

光脱毛のもう1つの大きなメリットは、照射の熱によるヤケドや肌トラブルのリスクが低いことです。

出力が高い医療レーザー脱毛は、毛根に強いダメージが与えられる分、高い脱毛効果が期待できますが、一方で、ヤケドや肌トラブルが起こるリスクもあります。

その点、光脱毛は医療レーザー脱毛の機器に比べて出力が低いため、ヤケドを起こす可能性は極めて低いと言えます。

また、脱毛サロンは医療施設ではないため、万が一施術によるトラブルが起こっても、診察や薬の処方、処置などができません。ですから、出力調整には細心の注意をはらって施術を行っています。

ワキ脱毛が安い

最近は医療レーザー脱毛も低価格化が進んでいるため、全身脱毛であれば、脱毛サロンもクリニックも料金に大きな違いはありません。

しかし、ワキ脱毛に関しては、下記のような数百円で通える格安の脱毛サロンがあるため、「脱毛したいけど、高い金額は払えない」「どれぐらい脱毛効果があるのかとりあえず試してみたい」そんな人に、安価な光脱毛は大変おすすめです。

サロン名 プラン内容 料金(税込)
エピレ 両ワキ脱毛6回 500円
ジェイエステティック 両ワキ12回(5年間保証)+選べる3部位 300円
ミュゼプラチナム 両ワキ・Vライン1年間通い放題+全身1回 1,058円

※ミュゼのプランは時期によって変更します。

美肌効果がある

光脱毛で使われるIPLと、美顔エステで使用されているフォトフェイシャルは、出力などは異なるものの、基本的には同じ仕組み。

そのため、脱毛と同時に毛穴やたるみの引き締めなどのエステ効果が期待できます。

また、肌に負担のかかる自己流の脱毛や除毛を行わなくなることで肌荒れや黒ずみがなくなるなど、光脱毛を受けることで、美肌効果が期待できます。

脱毛サロンによる光脱毛のデメリット

では反対に、光脱毛にはどのようなデメリットがあるのでしょう。

回数と期間がかかる

出力が低い光脱毛は、医療レーザー脱毛に比べて、脱毛効果の現れ方がゆるやかです。

もともとの毛の量や毛質、肌の状態によって個人差がありますが、医療レーザー脱毛が5~8回程度で完了するのに対し、光脱毛は倍以上の12~18回はかかります。

光脱毛を受けている間は日焼けができない

紫外線を浴びると、表皮にあるメラノサイトという細胞が黒いメラニン色素を生成するため、照射の光が毛根ではなく肌表面のメラニン色素に反応し、ヤケドや赤み、かゆみ、腫れなどの肌トラブルが起こるリスクが上がります。

また、光が肌表面に分散され毛根まで届かないことで、本来の脱毛効果が得られなくなってしまいます。

そのため、脱毛サロンに通っていてる期間の日焼けはNGです。

SHR(蓄熱式)脱毛は日焼け肌でも施術可能

メラニン色素をターゲットとしないSHR脱毛は、赤みやヒリつきなどの炎症がなければ、日焼け肌でも施術が可能です。

肌トラブルがあると施術が受けられない

光脱毛は医療レーザー脱毛に比べ出力が低いため、施術による肌トラブルのリスクは低いです。

一方で、ニキビ、重度の乾燥肌、アトピーなど、もともと肌トラブルがある人は施術を受けられないことがあります。

脱毛クリニックや美容皮膚科は、多少肌状態が良くなくても、医師の判断のもと施術できるケースもありますが、医療従事者がいない脱毛サロンでは、万が一の場合にすぐに処置や治療ができないため、基本的には、肌状態が改善するまで脱毛は行いません。

また、アトピー性皮膚炎の人は医師の同意書の提出、ステロイド剤を常用している場合は施術前後の一定期間は使用できない、といった規定を設けているサロンもあります。

合わせて読みたい

照射の光を見ると目に悪影響がある!?

光脱毛を受ける際に、ピカッと光る照射光を見てしまい、

何か目に影響があるのでは?

と心配する声が多く聞かれます。

たしかに施術時は、ゴーグルやタオルで目を保護するため、何かの拍子でまぶしい光を見てしまうと不安になってしまいますよね。

ただ、結論から言えば、照射時の光を見たことにより何か目に悪影響が出ることは、まず考えられません。

なぜなら、光脱毛のフラッシュは、レーザーのように直線ではなく放射状に広がるため、光が目の奥まで届くことはないからです。

ただし、太陽光と同じように、直視すると一瞬目がくらんだり、しばらくまぶしさが残ったりすることがあるので、施術中は極力光は見ないようにしましょう。

脱毛サロンによる光脱毛の効果を実感するのに必要な回数

一般的には、5~6回通ったあたりから毛量が減ったり、毛が細くなったりといった効果を感じ始めます。

自己処理がほぼ必要なくなるのは12~18回ほど。多くの脱毛サロンが推奨する2~3ヶ月に1回通うとすると、期間にして2~3年ほどです。

ただし、脱毛効果は毛量や毛質、肌状態、脱毛部位によって変わってきます。

具体的には、色黒の肌よりも、毛の色とのコントラストがはっきりしている色白の肌が効果が出やすいです。

また、ワキやVラインなど濃く太い毛は効果が出やすく、背中や腰などのメラニン色素が少ないうぶ毛は、完了までに時間がかかります。

さらに、ツルツルにしたいのか、自己処理が楽になる程度で良いのかなどによっても、施術回数は異なります。

ムダ毛処理からの卒業を目指すなら最低でも12回以上のコースを。うぶ毛も生えないほど完璧に脱毛したい場合は、回数無制限コースがおすすめです。

いつまで生えない?脱毛サロンによる光脱毛の効果の持続性

光脱毛は永久脱毛ではありません

あくまで「減毛」や「抑毛」なので、脱毛が完了したからと言って、一生毛が生えないわけではありません。

とは言え、1度全く生えない状態までしっかり通えば、長期間、自己処理が必要なくなることは確かです。

実際、4~5年間全く毛が生えない人もいれば、10年以上経っても自己処理の必要がない人も大勢います。

また、たとえ生えたとしても脱毛前に戻るわけではなく、細い毛がところどころ生える程度の人がほとんどです。

ただし、SHR脱毛は歴史が浅く、脱毛の持続性に関してはっきりしたことはまだ分かっていません。

脱毛サロンの光脱毛が効果なしとならないよう、受ける側が注意するべきこと

光脱毛の効果を十分に出すためには、心がけたい点がいくつかあります。これを行うか行わないかでは、脱毛の進み具合や結果に大きな差が出ます。

決められた間隔で通う

マシンの種類にもよりますが、基本的に脱毛サロンでは、2~3ヶ月に1回の施術を推奨しています。

なぜなら、光脱毛の効果があるのは、毛の生え代わりサイクルである「毛周期」のなかでも、皮膚表面に出ている成長期の毛だけだから。

毛が抜け生えていない休止期の毛穴や、成長が止まった退行期の毛に光を照射しても、脱毛効果は得られません。

合わせて読みたい
毛周期を無視して施術を受けても、脱毛効果が低く、無駄に期間や回数がかかるだけで良いことはありません。

脱毛を行う際は、サロンが推奨する間隔で通いましょう。

毛抜きでの自己処理をしない

脱毛に通うのは2~3ヶ月に1回。

脱毛を始めたばかりの頃は、次の施術までに結構毛が生えてくるので、自己処理をしたくなる人も多いと思います。

もちろん、ムダ毛を生えっぱなしにすることは難しいでしょうから、自己処理自体は行っても構いませんが、毛抜きの使用はNGです。

光脱毛は、毛根のメラニン色素に反応して熱を発生させるため、毛抜きで毛根ごと抜いてしまうと、脱毛効果が得られなくなります。

脱毛期間中のムダ毛処理は、肌にやさしい電気シェーバーがおすすめです。

合わせて読みたい

日焼けをしない

デメリットの項目でも触れたとおり、脱毛期間中の日焼けは厳禁です。

日焼けは肌が軽いヤケドを負い、炎症を起こしている状態です。

そのような状態で施術を行えば、痛みを強く感じたり、炎症が悪化したり、ひどい場合には色素沈着を起こしたりする可能性があるため、日焼けをしている場合は施術を断られてしまいます。

たとえ行うとしても、肌トラブルのリスクを回避するため、通常より照射パワーを下げることになります。

また、反対に、脱毛後の肌もダメージを受け刺激に敏感な状態なので、少しの紫外線でも日焼けをしやすく、日焼けのレベルによっては、次の施術が延期になってしまいます。

脱毛期間中は、紫外線対策をしっかり行いましょう。

合わせて読みたい

保湿ケアをする

脱毛効果と保湿ケアは一見無関係のように思えますが、実は深い関係があります。

肌が乾燥すると施術時に痛みを強く感じ、また肌へのダメージが大きくなるため出力を上げられません。

トラブル回避のために出力を下げれば、脱毛効果も下がるため、脱毛完了までに長い期間がかかったり、規定の回数で完了できずに追加料金が発生してしたりすることもあります。

肌が水分で潤っていると痛みを感じにくいだけでなく、肌トラブルが起こるリスクも少ないため、適切な出力で脱毛ができます。

効率よく安全に脱毛を進めるためには、日頃の保湿ケアはとても重要です。

光脱毛効果の視点から見ておすすめの脱毛サロン3つ

ここでは、高い脱毛効果が期待できるおすすめサロンを3つ紹介したいと思います。

【銀座カラー】1人ひとりのデータを解析し、最大限の脱毛効果を出す

銀座カラーは25年の実績がある脱毛サロン。マシンは脱毛効果に定評があるIPL脱毛器を使用しています。

行くたびに施術者が変わる多くの脱毛サロンとは違い、担当チーム制を採用。

肌状態をよく知る担当者が毎回カウンセリングを行い、その日の肌に合わせた施術を行います。

また、1人ひとりのデータを解析することで、その都度最大限の結果が出る施術方法を選んでいます。

さらに、銀座カラーでは、ヒアルロン酸・コラーゲンなど6種類の美容成分をマシンで高圧噴射する「美肌潤美」という保湿ケアがオプションでつけられます。

肌の水分量が多いと照射の際の光がよく通るため、脱毛効果アップが期待できます。

体験レポはこちら公式サイトはこちら

【キレイモ】痛みの少ない最新IPL脱毛器を使用

キレイモは、最新の純国産IPL脱毛器を導入しています。

照射面をマイナス4度で冷却しながら脱毛するため、ジェルを塗らなくても痛みが少なく、また塗布や拭き取り時間がかからないことで、全身脱毛が90分で終了します。

一人ひとりにかかる施術時間が短く、営業時間が夜9時までと長いため、予約が取りやすいのも特徴。

希望日に予約が取れると適正な間隔で通えるため、最短期間で脱毛効果が出ます。

また、キレイモでは、施術後の仕上げとして、スリムアップ成分を含んだ保湿ローションを使用しており、脱毛と同時にお肌の引き締め効果も期待できます。

体験レポはこちら公式サイトはこちら

【エルセーヌ】予約が取りやすくサクサク通える

エルセーヌでは、IPL脱毛器のなかでも、「B.S.S(ビューティ・スムース・スキン)」という、日本人の肌質や毛質に最適なオリジナルの脱毛器を使用しています。

そのため、脱毛効果が高く、12回で卒業する人が多いそう。

また、エルセーヌは、サロンの雰囲気がラグジュアリーなわけでも、何か特別なサービスがあるわけでもないですが、とにかく予約が取りやすいのが特徴。

というのも、エルセーヌは痩身エステがメインのサロンなので、脱毛で通うお客さんが、脱毛専門サロンに比べて少ないからです。

サクサク通って、早くサロン通いから卒業したい人におすすめです。

体験レポはこちら公式サイトはこちら

脱毛サロンの光脱毛で効果が出なかった場合、別でおすすめの脱毛方法は?

脱毛サロンに通ってみたけれど、思うような脱毛効果が得られなかったという人におすすめの脱毛方法をご紹介します。

医療レーザー脱毛

光脱毛で効果が出なかった場合、またはできるだけ早く脱毛を完了させたい人におすすめなのが医療レーザー脱毛です。

熱エネルギーにより、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えて脱毛する仕組みは、多くの光脱毛と同じですが、大きな違いは出力が高いこと。

また、複数の波長を含む光脱毛に対してレーザーの波長は単一なので、エネルギーが一点に集中し、狙った部分に強いパワーでダメージを与えられます。

光脱毛に比べると痛みが強い、肌への負担が大きいという面もありますが、光脱毛の半分以下の期間・回数で脱毛が完了します。

合わせて読みたい
合わせて読みたい

ニードル脱毛(美容電気脱毛)

毛穴にニードルと呼ばれる電気針を挿入して電流を流し、毛乳頭や毛根にダメージを与えるニードル脱毛(美容電気脱毛)。

光脱毛や医療レーザー脱毛が、今のように一般的になる前に主流だった脱毛方法です。

痛みが伴う、施術に長い時間がかかる、料金が高いなどデメリットも多いのですが、1つ1つの毛穴を確実に狙えるため、現在行われているなかでは、最も効果が高い脱毛方法です。

痛みや料金面の理由から、全身脱毛にはおすすめできませんが、「脇毛を確実になくしたい」「光脱毛後に生えてきてしまった数本の毛を処理したい」といった場合には、狭い範囲の処理には向いています。

また、光脱毛やレーザー脱毛により、うぶ毛が硬い毛に代わってしまう「硬毛化」が起きた際にも、ピンポイントで処理できるニードル脱毛がおすすめです。

まとめ

脱毛サロンに通うことは、今やオシャレの延長ともいえるほどポピュラーなものになりました。

光脱毛は、医療レーザー脱毛に比べて脱毛効果がゆるやかであることは否めませんが、継続して通えば、効果はしっかり現れます。

また、ワキ脱毛が安い、店舗が多く通いやすい、美肌効果が得られるなど、光脱毛ならではのメリットも多いので、これから脱毛を始めてみたいという人は、ぜひ検討してみてください。

先週アクセスの多かった脱毛の人気記事BEST3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加