クリニックの医療レーザー脱毛の効果やメリット、デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリニックで行う医療レーザー脱毛は、脱毛効果が高く、早く確実にムダ毛がなくせます。

今回は、そんな医療レーザー脱毛の仕組みやメリット・デメリット、脱毛効果について解説していきます。

  • 医療レーザー脱毛と他の脱毛方法との違いは?
  • 医療レーザー脱毛の良い点・悪い点
  • 何回受ければ脱毛効果が出るの?
  • おすすめのクリニックはどこ?

読めば上記の答えが分かります。ぜひ参考にしてみてください。

クリニックによる医療レーザー脱毛の効果やメリット

ではまず、医療レーザー脱毛ならではの効果やメリットを見ていきましょう。

半永久的な脱毛効果が得られる

医療レーザー脱毛には、エステサロンの光脱毛や家庭用脱毛器とは、大きく異なる点があります。

それは、医療レーザー脱毛はマシンの照射出力が高いことです。

レーザーの強いパワーで一度破壊された「毛乳頭」や「毛母細胞」は、再生することがありません。そして、細胞を破壊するほど高出力の機器は、医療機関でないと扱えません。
  • 毛乳頭:毛の根っこ部分にあり、毛細血管から栄養を取り込んで毛母細胞に届ける
  • 毛母細胞:細胞分裂しながら成長し、硬化して毛になっていく部分

一方、脱毛サロンの光脱毛器は、医療従事者ではないエステティシャンが安全に使えるよう、出力が低い値に制限されています。

そのため、光脱毛は一時的な脱毛効果はあっても、毛乳頭を完全に破壊できないため、また毛が生えてくる可能性があります。

ポイント
  • 医療レーザー脱毛:1度破壊した毛根から毛が生えてくることはほぼない
  • 光脱毛:何年か後に毛根が再生し毛が生えてくる可能性がある

少ない回数、短い期間で脱毛が完了する

医療用レーザー機器は照射パワーが強いことから、1回の照射で毛乳頭に強いダメージを与えられます。

その結果、少ない回数、短い期間での脱毛が可能です。

具体的には、6回前後で自己処理が必要ない状態に8回も通えば毛が全く生えなくなる人が大半です。

一方、エステの光脱毛は、脱毛が完了するまで早くても12回、部位や毛質によっては18~24回ほどかかります。

少しでも早くムダ毛をなくしたいなら、医療レーザー脱毛一択です!

医療機関なので安心

医療レーザー脱毛は、医師が常駐する医療機関で行います。

敏感肌、乾燥肌、アトピー肌など、肌状態に不安がある人でも、医師に相談しながら施術が受けられます。

合わせて読みたい
万が一、施術が原因で肌トラブルが起こっても、すぐに処置や治療が受けられるので安心です。

また、医療機関ならではのメリットとして、痛みが怖い人は、麻酔クリームや麻酔テープ、笑気ガスなどが使える点があげられます。

毛質や肌質に合わせた多種多様な脱毛器がある

ムダ毛の生え方には個人差があり、また、同じ人でも部位によって太さや濃さ、密度、色素沈着のあるなしなどが異なります。

ですから、1つの脱毛器が、誰にでも、どの部位にでも同じように効果があるとは限りません。

医療レーザーにはたくさんの種類があるので、剛毛な人、日焼けした人、痛みに弱い人など、さまざまなタイプの毛質や肌質に合わせた脱毛ができます。

意外!?医療レーザー脱毛はコスパが良い

メリットがたくさんあることは分かりましたが、医療レーザー脱毛って高いんですよね?
いえ、そうとも限らないんですよ。

たしかに、脱毛サロンのなかには、ワキ脱毛が数百円という驚くようなキャンペーン料金で受けられるところもあります。

しかし、一般的なコースに関しては、必ずしも光脱毛が安いとは限りません。

というのも、光脱毛で完璧に毛をなくすには、12~24回ほどと、レーザー脱毛の2~4倍ほどの回数がかかります。

そのため、規定のコースでは満足のいく仕上がりにならず、追加料金を払って施術を受ける人も少なくありません。

医療レーザー脱毛なら、基本コースを受ければほぼ脱毛が完了します。追加料金が発生するケースがあまりないので、結果、安く済むことが多いんです。

クリニックによる医療レーザー脱毛のデメリット

次に、医療レーザー脱毛のデメリットについて見ていきます。

部位によっては痛みが強い

「レーザー脱毛は痛い」という話を聞いたことがある人は多いと思います。

しかし、最近は痛みに配慮した脱毛器も多く、無痛だったり、ほんの少しチクっとするだけだったりと、エステ脱毛と変わらないものもたくさんあります。

ただ、どんなレーザー脱毛器を使っても、誰もが痛いと感じる部位があります。

それが、VIOライン(デリケートゾーン)男性のヒゲ(鼻下・頬・あご)です。

痛みを感じやすい部位には、以下のような特徴があります。

  • 毛が太い
  • 毛根が深い
  • 毛が密集している
  • 肌色が濃い(日焼け・黒ずみ・色素沈着など)
  • 皮膚が薄い

VIOとヒゲは、上記のほとんどの項目に当てはまるため、

「体がビクッとなるほど痛かった」
「冷や汗が出てきた」
「気を紛らわすのに必死だった」

という人も少なくありません。

冷や汗が出るほどの痛みって、怖すぎる・・・。
ただ、施術回数を重ねて毛が少なくなるにつれ、痛みも減っていきます。本当に痛いのは1~3回目くらいなので、ムダ毛が減るのをモチベーションにして頑張りましょう。

また、クリニックなら、痛みが少ない脱毛器を選ぶ、麻酔クリームを使うという選択肢もあるので、心配な人は相談してみましょう。

肌トラブルの可能性がある

医療レーザー脱毛は出力が高いことから、照射による肌トラブルが起こる可能性があります。

特に多いのは、施術直後の赤みやヒリつき。

放っておくと、症状が長引いたり色素沈着したりすることもあるので、家に帰ったら冷たいタオルを当てて冷却しましょう。

合わせて読みたい医療レーザー脱毛後に色素沈着ができる原因と対処方法

とはいえ、たいていは冷却すればヒリつきは数時間でとれ、赤みも2~3日で落ち着きます。

カサブタができることもありますが、自然に剥がれて痕が残ることもありません。

万が一、痛みが続いたり、水ぶくれができたりした場合は、施術を受けたクリニックに連絡をして指示を仰ぎましょう。

クリニックによる医療レーザー脱毛効果を実感するのに必要な回数

エステの光脱毛に比べ、脱毛が早く完了する医療レーザー脱毛ですが、具体的にどれくらいで効果が実感できるのでしょう。

1回の照射で生えている毛は一旦全てなくなる

医療レーザー脱毛の場合、1回目の施術を受けた10日~2週間後くらいから、毛がポロポロと抜け始めます。

そして、施術前に生えていた毛は、一旦ほぼ全てなくなります。

その後、毛のない状態が2~3週間ほど続き、やがて、1回目の照射時に「休止期」だった毛が成長して皮膚の表面に出てきます。

そのタイミングを見計らって2回目の照射、3回目の照射と繰り返していきます。

つまり、医療レーザー脱毛では、施術を受けるたびに数週間毛のない状態がキープできるため、1回ごとに脱毛効果が実感できるんです。

自己処理が必要なくなる回数は、平均5~6回

では、自己処理がいらなくなるまではどのくらいの回数が必要かというと、およそ5~6回が目安です。

多くのクリニックで、5~6回が基本コースとして設定されているのはそのためです。

ただ、脱毛効果の出る回数は、個人差もさることながら、脱毛部位によっても大きく違います。

ですから、全身の脱毛を一斉にスタートさせても、どの箇所も同時に終了するわけではありません。

クリニックの医療レーザー脱毛で脱毛効果が出やすい部位・出にくい部位

では、どの部位の脱毛が早く終わり、どこが長くかかるのでしょうか。

ワキ・ひざ下など、濃い毛ほど脱毛効果が出やすい

医療レーザー脱毛は、毛根の黒いメラニン色素に反応して熱を発生させるため、太く濃い毛の方が吸収できる光の量が多く、脱毛効果が出やすいです。

そのため、ワキ毛や濃いすね毛などは、5~6回でほとんど生えなくなる人が多いです。

VIOや男性のヒゲは、効果もあるが時間もかかる

太く濃いVIOや男性のヒゲはメラニン色素が多く、照射後に毛が抜ける様子が分かりやすい部位です。

一方で、他の部位よりも毛根が深いため、脱毛が完了するまでには時間がかかります。

また、VIOラインは黒ずみがあって皮膚の色にレーザーが反応してしまうことも、毛根までパワーが届きづらく脱毛効果が出にくい理由です。

肌の色が濃い部分は、肌トラブル防止のため出力を下げて照射します。これも、脱毛完了までに時間がかかる原因です。

背中・うなじ・顔のうぶ毛も長期戦

メラニン色素の少ないうぶ毛は、吸収する光の量が少ないです。

そのため、レーザーが反応しにくく、脱毛が完了するまでに10回ほどかかる人が多いようです。

いつまで生えないの?クリニックの医療レーザー脱毛効果の持続性

医療レーザー脱毛は、毛乳頭や毛母細胞を熱によって破壊します。

破壊された組織は元には戻らないため、一度脱毛が完了すれば、その後毛が生えてくることはほとんどありません。

クリニックの医療レーザー脱毛の効果が上がるよう、受ける側が注意すべきポイント

医療レーザー脱毛の効果を十分に得るために、以下の点に注意しましょう。

適切なタイミングで通う

体毛には、成長期、退行期、休止期という毛周期(毛の生え変わりのサイクル)があります。

合わせて読みたい

このうち、成長期の毛が生え揃ったタイミングで照射することで、脱毛効果が得られます。

頻繁に通ったからといって早く効果が出るわけじゃないんですね。
その通りです。むしろ、1回1回の施術を効果的なタイミングで受けないと、規定の回数で終わらなくなってしまいますよ。

レーザー脱毛は、基本的には2ヶ月に1回のペースで通います。

ただ、毛周期は部位によって違いますし、何度か施術を受けて毛量が減ったら、3ヶ月ごと、4ヶ月ごとと施術間隔を空けていくのが一般的です。

看護師さんと相談しながら、最も脱毛効果が出るタイミングで通いましょう。

日焼けをしない

脱毛期間中の日焼け対策は、基本中の基本です!

紫外線を浴びると、肌のメラノサイトという細胞が黒色のメラニン色素を生成してバリアを作り、紫外線から細胞を守ろうとします。

一方、レーザー脱毛は毛根のメラニン色素に反応して熱を発生させるので、日焼けをしているとレーザーが肌の色に反応し、肌トラブルが起こる恐れがあります。

また、レーザーが肌表面に反応することで、毛根までパワーが届かずに、十分な脱毛効果が得られなくなります。

レーザーは、『白い肌に黒い毛根』と、コントラスがはっきりしているほど高い脱毛効果を発揮します。

脱毛期間中は、日焼け止め、日傘などを利用して、紫外線対策を万全にしましょう。

合わせて読みたい

保湿ケアをする

乾燥した肌は、肌のバリア機能が弱まり、刺激に敏感な状態。

肌トラブルが起きやすく、痛みも感じやすくなります。

痛みが強いと、出力を下げざるを得なくなり、脱毛効果が下がってしまいます。

逆に、水分量が多い肌は痛みを感じにくいだけでなく、レーザーのエネルギーが毛根までしっかりと伝わり、効率的に脱毛が進められます。

脱毛効果を上げるためには、保湿はとても重要です。

化粧水やクリームなどでしっかりとケアを行い、潤いのある肌を保ちましょう。

毛抜きでの自己処理は絶対NG!

脱毛期間中にムダ毛が生えてきたら、剃ったり抜いたりしても大丈夫ですか?
自己処理はしてもいいですが、毛抜きや脱毛テープ、ブラジリアンワックスなどの『毛を抜く』行為は絶対NGです。

なぜならレーザー脱毛は、毛根のメラニン色素に反応する脱毛方法だから。

毛根ごと抜くと、レーザーが狙うターゲットがなくなり、脱毛効果が得られなくなります。

脱毛期間中の自己処理は、肌への負担が少ない電気シェーバーがおすすめです。

医療レーザー脱毛の種類

ところで、ひとくちに医療レーザー脱毛といってもさまざまな種類があり、クリニックによって扱う機器が違います。

医療レーザー脱毛って、どれも同じじゃないんですか?
機種によって、効果の出方や痛み、施術にかかる時間まで全く違います。

ここでは、代表的な医療レーザー脱毛器を、特徴とともに紹介していきます。

【ジェントルレーズ】冷却ガスで痛みが少ない!脱毛効果も高い定番脱毛器

ジェントルレーズは、日本で最初に導入された、アレキサンドライトレーザーを用いた脱毛器です。

レーザー脱毛器としての歴史が長く、脱毛効果も実証されているため、多くのクリニックで使われています。

毛根の黒いメラニン色素にレーザーを当てて熱を発生させ、毛を作る元である毛乳頭や毛母細胞を破壊することから、色素の濃い毛に高い脱毛効果を発揮します。

照射の際に冷却ガスを勢いよく噴射することで、皮膚の感覚が麻痺し、痛みを感じにくいのが特徴です。

ジェントルレーズを扱っているクリニック

湘南美容クリニック/アリシアクリニック/フェミークリニック

【ライトシェアデュエット】痛みが少なく、スピーディーな脱毛ができる

世界第一位のシェアを誇るライトシェアデュエットは、ダイオードレーザーを用いた脱毛器。

日本でも、ジェントルレーズに次ぐ人気を誇る脱毛機器です。

ライトシェアデュエットの特徴は、大小2種類のヘッドを使い分けられること。

大きい方のヘッドには吸引機能が搭載されています。

皮膚を吸引して照射口と近づけることで、脱毛部位をピンポイントで照射できます。

またヘッドが大きいため、照射スピードが早いのが特徴です。

小さいヘッドには冷却機能がついており、痛みを抑えながらの照射が可能です。

ライトシェアデュエットを扱っているクリニック

アリシアクリニック/リゼクリニック/フェミークリニック

【ジェントルYAG】毛根が深いVIOや男性のヒゲに効果絶大

ジェントルYAGは、YAGレーザー(ロングパレスYAGレーザー)を搭載した脱毛機器で、他の機器よりもレーザーの波長が長いのが特徴です。

アレキサンドライトレーザーが755㎚(ナノメートル)、ダイオードレーザーが800~940㎚なのに対し、YAGレーザーは1,064㎚です。

波長が長いことで、肌の奥深くに熱を伝えられるため、Vライン、Iライン、Oラインや男性の髭など、毛根が深い毛にも高い脱毛効果があります。

また、メラニン色素がある部分よりも奥にレーザーが届くことから、肌表面には吸収されにくく、日焼けや色素沈着などで肌色が濃い部位にも照射できるメリットがあります。

難点は照射口が小さく、施術に時間がかかること。そして痛みが強いことです。

YAGレーザーの届く位置が深いため、肌表面に塗る麻酔クリームが効きにくい点もデメリットと言えるでしょう。

ジェントルYAGを扱っているクリニック

リゼクリニック/フェミークリニック

【メディオスターNeXT PRO/ソプラノアイス・プラチナム】蓄熱を利用した痛みの少ない脱毛器

従来の脱毛器とは違い、毛穴の近くにある「バルジ領域」や毛根を包む「毛包」全体をターゲットに照射する、新しいタイプの脱毛器です。

バルジ領域とは、毛の種ともいえる発毛因子を作り出す部分。

このバルジ領域に弱い光を連射して徐々に加熱する「蓄熱式」という方法で、毛の発育を止めます。

高い熱を使用しないので、痛みや肌への負担が少ないのが特徴。

また、ヘッドを滑らせるようにして照射するので、照射スピードが従来の機器の1/2~1/3ほどと早いです。

まだ脱毛器としての歴史が浅いため、数年後、十数年後までの効果は分からない部分もありますが、扱うクリニックが徐々に増えている注目の脱毛器です。

メディオスターNeXT PRO/ソプラノアイス・プラチナムを扱っているクリニック

湘南美容クリニック/リゼクリニック/聖心美容クリニック

【G-MAX】日焼けした肌でも脱毛可能

アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2つのレーザーを搭載した脱毛器で、正式名称を「ジェントルマックス」と言います。

両方の機能を必要に応じて使い分けることができるため、日焼けや色素沈着のある部位とそうでない部位が混在した人には、特におすすめです。

照射口のサイズを選べることから、細かい部位、広い部位のどちらにも使用可能。

照射速度が速いため、背中などの広い範囲の脱毛にも適しています。

G-MAXを扱っているクリニック

フェミークリニック

医療レーザー脱毛の疑問にお答えします!

ここでは、医療レーザー脱毛に関して、多くの人が抱く疑問にお答えしていきます。

顔や背中ににきびがあっても脱毛できるの?
脱毛できるかできないかは、にきびの状態によります。

初期の「白にきび」なら脱毛できるクリニックが多いでしょう。

しかし、炎症があって痛みや赤みがあるにきびや、膿んでいるにきび、またレーザーに反応してしまう黒っぽいにきびが多数ある場合は、症状が改善されるまで脱毛できません。

ただし、2~3個など数が少ない場合は、その部分を避けて照射することもあります。

合わせて読みたい顔脱毛でにきびやにきび跡が治る効果はあるのか?

医療レーザー脱毛でワキガが治るの?
私たちに体には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2つの汗腺があります。

エクリン腺から出るのは99%が水分のサラッとした汗なのに対し、アポクリン腺から出るのは、タンパク質や脂質、糖質、アンモニアなどが含まれたベタベタとした汗。

ワキガは、このアポクリン腺からの汗に、菌が繁殖することで起こります。

ワキガが発症するかどうかは、アポクリン腺の数や大きさによりますが、これは生まれつきの体質で決まっています。

医療レーザー脱毛を受けたからといって、アポクリン腺が減ったり、小さくなったりすることはないため、脱毛が直接的な原因でワキガが治ることはありません。

ただ、毛がなくなることでワキの通気性が良くなり、雑菌が繁殖しにくくなって、ニオイが軽減する可能性はあります。

合わせて読みたい
医療レーザー脱毛を受けると毛穴が目立たなくなるの?
「医療レーザー脱毛を受けたら毛穴がなくなった」というネットの口コミを見て、脱毛に興味を持つ人も多いでしょう。

実際に、脱毛したからといって毛穴が消えることはありませんが、ムダ毛処理をしなければ肌への負担がなくなるので、肌荒れや乾燥が起きにくくなり、肌が潤ってキメが整います。

すると、毛穴が引き締まり、目立たなくなる効果が期待できます。

医療レーザー脱毛で使う麻酔にはどんなものがあるの?効果は?
最近の医療レーザー脱毛は、昔ほど痛みの心配はありません。

ただ、VIOや男性のヒゲに関しては、機種によっては痛いので、麻酔を使う人もいます。

比較的手軽なのが、患部の感覚を麻痺させて痛みをやわらげる「麻酔クリーム」や「麻酔テープ」

他に、お酒を飲んだときのようにふわふわとした気分にして痛みへの恐怖を取り除く、「笑気ガス」を扱うクリニックもあります。

いずれも、1回3,000円程度の別途料金がかかりますが、痛みが心配な人はカウンセリングの際に相談してみましょう。

家庭用レーザー脱毛器に医療レーザー脱毛と同じ効果はあるの?
家庭用レーザー脱毛器の仕組みは、基本的には医療レーザー脱毛器と同じです。

ただ、医療機関で使用するレーザー機器は出力が高く、医師や看護師でなければ扱えません。

家庭用脱毛器は、一般の人が安全に使えるよう出力が低く設定されているため、医療機関で受けられるものと同等の効果を得ることはできません。

医療レーザー脱毛効果の視点から見ておすすめのクリニック

基本的に大手であれば、どのクリニックを選んでも脱毛効果は得られますが、ここでは、そのなかでも特におすすめのクリニックを4つ紹介していきます。

デリケートゾーンの脱毛におすすめ【リゼクリニック】

リゼクリニックでは、「ライトシェアデュエット」「メディオスターNeXT PRO」のほか、他のクリニックでは扱いの少ない「ジェントルYAG」を扱っています。

ジェントルYAGは、色素沈着のある部位や、色の濃い肌にも使用できるため、黒ずみのあるデリケートゾーンも安心です。

また、ジェントルYAGは照射口が小さいので、Iラインの粘膜ギリギリまでしっかり照射してもらえます。

女性医師・女性スタッフのみのクリニックなので、男性医師には相談しにくい肌の悩みやVIO脱毛についても、安心して相談できるのも魅力。

VIO脱毛をしたい人にイチオシのクリニックです。

リゼクリニックは、以下のような人におすすめです。

  • デリケートゾーンの黒ずみが濃く、脱毛できるか心配
  • デリケートゾーン(またはIライン)の毛を完璧になくしたい
  • 肌の色が黒い
  • 女性スタッフのみのクリニックに通いたい

リゼクリニック公式サイトをチェック

効果の高い医療脱毛がリーズナブルに!【湘南美容クリニック】

両ワキ脱毛が、1回500円、6回1,000円という、医療機関とは思えないほど低価格な湘南美容クリニック。

医療レーザー脱毛を6回受ければ、ほぼ毛は生えてこなくなるので、1,000円でワキ脱毛が完了することも十分可能です。

ほかにも、VIO脱毛が3回29,800円、うなじ6回コースが28,750円など、部分脱毛の安さは医療機関のなかでもダントツ。

脱毛効果に定評のある「ジェントルレーズ」と、痛みの少ない最新脱毛器「ウルトラ美肌脱毛」の好きな方を選べます。

湘南美容クリニックは、以下のような人におすすめです。

  • ワキ脱毛を格安で受けたい
  • リーズナブルにレーザー脱毛を体験してみたい
  • 知名度が高いクリニックに通いたい
  • 痛みの少ない脱毛方法がいい

湘南美容クリニック公式サイトをチェック

脱毛し放題コースなら毛量が多い人も安心【アリシアクリニック】

アリシアクリニックは、脱毛専門のクリニックです。

痛みの少ない「ライトシェアデュエット」、定番の「ジェントルレーズプロ」という、脱毛効果に定評のある2種類の脱毛器を採用しています。

5回コース、8回コースのほか、クリニックには珍しく「脱毛し放題コース」もあります。

毛量が多くて回数内で脱毛が終わるか不安な人、回数がかかりがちなVIOラインの脱毛をしたい人でも安心です。

アリシアクリニックは、以下のような人におすすめです。

  • 痛みの少ない脱毛を受けたい
  • 完璧なツルツル肌になるまで脱毛したい

アリシアクリニック公式サイトをチェック

5種類の脱毛器でさまざまな毛質に対応できる【フェミークリニック】

フェミークリニックでは、「ジェントルレーズ」「ライトシェアデュエット」「ジェントルYAG」「G-MAX」のほか、照射口がレーザー脱毛器のなかでも最も大きい「ベクタス」の5種類の脱毛器を扱っています。

28万件もの症例データと多彩な脱毛器により、敏感肌やアトピー、アレルギーなどさまざまな肌タイプに対応できます。

フェミークリニックは、以下のような人におすすめです。

  • 肌が弱く脱毛が受けられるか心配
  • 症例数の多いクリニックがいい

フェミ―クリニック公式サイトをチェック

クリニックの医療レーザー脱毛で効果が出なかった場合、別でおすすめの脱毛方法は?

医療レーザー脱毛は、非常に効果が高い脱毛方法です。

毛周期に合わせて施術を受けたのに効果が出ないということは、まずありません。

ただし、メラニン色素が極端に少ない産毛や、メラニンの生成がなくなった白髪は、レーザーに反応しないため脱毛できません。

そんな時におすすめなのが、毛穴に細い電気針を挿して電流を流し、毛根や周辺細胞を直接破壊する「ニードル脱毛」です。

ニードル脱毛は、メラニン色素をターゲットとする方法ではないので、剛毛でも産毛でも、白髪でも関係なく脱毛できます。

1つ1つの毛穴に対して施術を行うため時間や費用がかかり、また痛みも強いため、広範囲の処理には不向きですが、レーザー脱毛後に残ってしまった毛を処理したい人にはおすすめです。

合わせて読みたいニードル脱毛の効果について

まとめ

従来よりも痛みが緩和され、さまざまな毛質や肌質に対応できる機種が増えたことで、医療レーザー脱毛は、以前よりさらに多くの人が満足できる脱毛方法となりました。

  • 早く、確実に脱毛したい人
  • エステの光脱毛では脱毛効果が得られなかった人
  • 医師のもとで安全に脱毛したい人

以上のような人は、ぜひ医療レーザー脱毛を試してみてください。

最新の脱毛キャンペーン情報をまとめてみました

2019年12月度の脱毛キャンペーン一覧表を確認するならこちら

先週アクセスの多かった脱毛の人気記事BEST3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加