ミュゼプラチナムの両ワキ+Vライン脱毛を受けてきた感想【口コミ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、友人も何人か通っていて以前からずっと気になっていた、「ミュゼプラチナム」のカウンセリングに行ってきました。

話題の両ワキ+Vライン脱毛も実際に受けてきたので、お店の雰囲気や脱毛の様子などを詳しく紹介してきたいと思います。

ミュゼのここが気になる!
  • ミュゼって有名だけど実際どうなの?
  • 本当に数百円で両ワキとVラインが通い放題なの?
  • ミュゼって予約が取りにくいって聞くけど・・・

など、ミュゼの気になるウワサについても解説していきます。

カウンセリング当日の流れ

脱毛サロンが始めての人は、「カウンセリングって何をするの?」「勧誘されたりしない?」など、不安や分からないことでいっぱいだと思います。

そこで、まずはミュゼの初回カウンセリングの様子を紹介していきます。

カウンセリング予約は公式サイトから簡単にできます。

ミュゼプラチナムの格安キャンペーンページはこちら

①受け付け~カウンセリングルームへ

ミュゼに到着したら、名前を伝えて受付をし、順番がくるまで待合室でしばらく待ちます。

待合室は明るくてオープンな雰囲気。雑誌も置かれています。

5分ほどすると、担当エステティシャンが個室のカウンセリングルームに案内してくれました。

②タッチパネルに必要事項を入力する

カウンセリングルームに入ると、はじめにタッチパネル式の端末を渡されます。

内容は、簡単な個人情報や、脱毛したい部位・肌の悩み・ムダ毛処理方法などです。

脱毛を受けるにあたっての注意事項も書かれているので、じっくり読んで入力していきましょう。

③担当エステティシャンとカウンセリング~勧誘は一切なし!~

次に、入力した内容をもとに担当エステティシャンとカウンセリングを行います。

ミュゼの脱毛の仕組み効果、脱毛期間の目安などの説明があります。

悩みに合わせたコースの紹介もありますが、「キャンペーンのコースだけでいいです」「今回はカウンセリングだけにします」と言えば、それ以上、すすめられないので心配いりません。

脱毛中のケア製品の紹介もありますが、「よかったらどうぞ」という程度で、断る必要もないくらい軽い説明です。

超有名サロンだし、ものすごく安いし、勧誘されるのでは・・・とドキドキしていましたが心配無用でした。エステティシャンの方はとっても話しやすく、リラックスして過ごせました。

④契約書の記入と支払い

施術を希望する場合は、契約書をよく読んで署名します。

ミュゼのキャンペーンコースは数百円ですが、それでもきちんと契約は交わします。

支払いは現金またはクレジットカードで、分割払いもできます。

⑤次回の予約をとる

ミュゼではカウンセリング当日の施術はできないので、初回予約をとってから帰りましょう。

通常、予約やキャンセルはミュゼパスポートというアプリ、または電話で行いますが、カウンセリング当日はその場で予約が取れます。

これで、カウンセリングは全て終了です。

カウンセリング当日の所要時間は?

カウンセリングは、タッチパネルの入力も含め1時間~1時間半ほど見ておきましょう。私はたくさん質問して、入店から退店までちょうど1時間半でした。

ミュゼプラチナムのキャンペーンプランとは?

ミュゼでは、1年を通して何かしらのキャンペーンを行っています。

キャンペーン内容は頻繁に変わりますが、どのキャンペーンでも必ず「両ワキとVラインの通い放題」がついています。

2019年から「両ワキ+Vライン通い放題」がなくなり、両ワキ+Vラインが1年間通い放題の「年間パスポート」に変わりました。

ちなみにVラインとは、ショーツを履いたときにはみ出る左右の部分を言います。

料金はキャンペーンによって異なりますが、500円を超えることはまずありません。

お得な時期には、両ワキ+Vラインに加え、ほかにも数ヶ所無料で受けられることもあります。

今回私が申し込んだのは、両ワキ・Vライン通い放題+好きなLパーツ4ヶ所(Sパーツなら8ヶ所)から選べるキャンペーンコース。

パーツは、通い放題のVラインと合わせるとデリケートゾーンが網羅できる、「トライアングル上」「トライアングル下」「Iライン」「ヒップ奥」を選びました。

ミュゼプラチナムの最新キャンペーンページはこちら

ミュゼプラチナムの両ワキ+Vライン体験レポート

では、実際の施術の様子を紹介していきます。

【どんな脱毛機器を使っているの?】ミュゼプラチナムの脱毛の仕組み

ミュゼで使用しているのは、S.S.C方式(スムース・スキン・コントロール)を用いた光脱毛器です。

ムダ毛部分に抑毛効果のあるジェルを塗り、その上からクリプトンライトという光を当てることで、毛を作る元となる毛根細胞の力を弱め、毛を徐々に減らしていきます。

施術ルームの様子

施術ルームはカーテンで仕切られた半個室です。

隣の部屋の話し声は聞こえますが、女性専用サロンなので特に気にならないと思います。

個人的には、密室でシーンとした状態で施術を受けるよりも、少し雑音があるほうが落ち着きました。

部屋の奥にはロッカーがあり、貴重品や脱いだ服を入れて鍵がかけられます。

施術時の服装

施術ルームに入ったら服を脱ぎ、巻きスカートのようなものに着替えます。(小学生がプールのときに使うバスタオルのような形です)

今回は両ワキとVIO脱毛だったので、ブラジャーはしたまま、下は用意されていた紙ショーツにはきかえました。

全身コースの場合は、ガウンの下は全て脱いで、紙ショーツだけをはいた状態になります。

着替えの間、スタッフは一旦退室します。

室内にはウエットティッシュが置いてあるので、汗やVIOが気になる方はさっと拭いておきましょう。

準備が終わったら、ベッドに横になりタオルをかけた状態でスタッフを待ちます。

両ワキ+VIO脱毛の施術の流れ~どんな格好でするの?~

施術は、Oライン→Iライン→Vライン→ワキの順に行いました。

いずれの部位も、はじめに剃り残しがないかのチェックをし、あればシェービングしてくれます。

次に、脱毛部位をアイスパックで冷やし、抑毛効果のあるジェルを塗って照射していきます。

気になる施術時の格好は、以下のような感じです。

  • Oライン(ヒップ奥):うつ伏せで、足を少し開く
  • Iライン:仰向けに寝てひざを立て、そのまま外側に開く
  • Vライン:仰向けに寝て、足を伸ばしたまま少し開く
  • 両ワキ:バンザイのように両腕を上げる

また、照射の光がまぶしくないよう、うつ伏せでも仰向けでも顔周りにタオルをかけてくれます。

一部位の照射が終わるごとにジェルを拭き取り、炎症が起こらないようしっかりと冷却し、最後にローションを塗って仕上げます。

ミュゼプラチナムのここが気になる!

ミュゼプラチナムで脱毛を受けるにあたり、気になる点について解説していきます。

【疑問①】ワキ脱毛が100円?ミュゼはなぜこんなに安いの?

ミュゼの期間限定キャンペーン内容は定期的に変わりますが、ほとんどの場合ワキとVラインの脱毛が100~500円程度で受けられます。

しかも、期間・回数とも無制限です。

2019年から「両ワキ+Vライン通い放題」がなくなり、両ワキ+Vラインが1年間通い放題の「年間パスポート」に変わりました。

あまりにも安すぎて、「何かカラクリがあるんじゃないの?」「安いコースで釣って、実は高いプランに契約させられるんじゃないの?」と疑っている人もいるかもしれません。

でもミュゼは、本当に数百円だけで両ワキ+Vライン脱毛が永久に受けられます。

女性の心理として、1ヶ所キレイになると「次はここもキレイにしたい」「この部分の毛もなければラクなのに」と思うようになります。

だからミュゼでは、1番気になるワキやVラインの脱毛を安く提供しています。

そうすれば、無理に勧誘しなくても、脱毛の快適さを実感した人が数ヶ月後に他の部位も追加するケースも多いのです。

100円のワキ+Vラインだけ通う人もたくさんいるので、「キャンペーンのみの申込みで恥ずかしい」とか、「エステティシャンの態度が豹変するんじゃないか」と心配する必要はありません。

【疑問②】ミュゼプラチナムの脱毛は痛い?

痛みが少ないと言われているミュゼのS.S.C脱毛。実際に受けてみて、こんな風に感じました。

ヒジ下は無痛

S.S.C脱毛は、ミュゼのほかに脱毛ラボでも行っています。

以前、脱毛ラボでヒジ下脱毛を受けたことがありますが、温かい感覚があるだけで、痛みは全くありませんでした。

スタッフに聞いたところ、腕をはじめ、背中やへそ周り、指など毛が細い部分に関しては、ほとんど痛みはないそうです。

また、ヒザ下は、毛が濃いと多少パチっと感じることがあるようですが、辛いと感じるレベルではないということです。

ワキも痛くない

私は数年前にワキ脱毛の経験があり、今は数本生える程度なので無痛でした。

毛が濃い場合は多少パチっとする痛みがあるようですが、ワキは範囲が狭く、脱毛器のヘッドをスーッと滑らせるように照射するので、あっという間に終わります。

デリケートゾーン、特にOラインとIラインのキワは結構痛い

OラインとIラインのキワはチクっとする痛みがあり、さらに熱い感じもあって一瞬体がビクッとなりました。

粘膜に近く肌が敏感なこと、毛が太いこと、色素沈着が濃いことが原因で、他の部位よりも痛みを強く感じます。

Vラインも、真ん中よりのIラインに近い部分は、やはり痛いです。

ただ、ミュゼの脱毛器は、光が出る照射口部分が大きいので、ピッという1回の照射で広い範囲が処理できます。

何度も当てる必要がないので、痛みを感じるのはほんの一瞬です。

また、この痛みも毛量が少なくなるにつれて弱くなります。

【疑問③】VIO脱毛って恥ずかしくない?

最近では、VIOはワキに次ぐ人気部位ですが、興味はあるけど恥ずかしくて受けられない人も多いですよね。

私も始まる前はドキドキでしたが、施術時は顔にタオルをかけられて何も見えないおかげで、恥ずかしさはすぐになくなりました。

そして何よりも、スタッフが緊張や恥ずかしさを紛らわすために「次は○○に当てていきますね」「痛くないですか?」などと声がけをしてくれるので、リラックスして受けられました。

今、不安な人も、一度体験すれば「どうってことないな」ときっと思えます。

ぜひ、勇気を出して一歩を踏み出してみてください。

【疑問④】ミュゼは予約が取れない?取りにくい予約を取りやすくする方法

ミュゼに関して本当によく聞くのが、「予約が全然取れない」というウワサ。

残念ながら本当です。

ミュゼでは、1ヶ月(28日)ごとの施術が可能ですが、実際は3ヶ月先まで埋まっていることも多々あります。

私も初回はスムーズに取れましたが、2回目は夏の繁忙期ということもあり、全く取れませんでした。

ここでは、予約を取りやすくする方法を紹介します。

アプリの「空き通知設定」を活用する

ミュゼのアプリには、希望の日時を設定しておくと、キャンセルが出た際に通知が届く「空き通知設定」があります。

ミュゼはキャンセル料が無料なので、急な予定や生理で行けなくなった人が、直前になって予約変更するケースが多いのです。

アプリでは希望日、時間帯、店鋪を入力しますが、できるだけ限定せず、幅をもたせて設定すると予約が取りやすくなります。

特に、繁華街にある人気店はいつも予約でいっぱいなので、無理のない範囲で、店舗もいくつか候補を上げることをおすすめします。

2週間に1回脱毛できる「メンバーシップ会員」になる

もう一つは、ミュゼのメンバーシップ会員になる方法です。

通常のミュゼ会員は無料ですが、メンバーシップは入会金32,400円で入れる有料会員です。

コースの割引優待や、ミュゼ商品の割引などいくつか特典がありますが、そのなかで特に使えるのが以下の特典です。

  • 最短2週間ごとに施術が受けられる(通常会員は1ヶ月ごと)
  • メンバーシップ会員専用ダイヤルがあって予約が取りやすい
  • 3回先までの予約が取れる(通常は次回分のみ)

キャンペーンコースの両ワキ+Vライン通い放題のみの申し込みでは、利用できない特典ですが、他部位のコースを申し込む予定がある場合は、ぜひ検討してみてください。

【疑問⑤】生理のときは施術は受けられない?

ミュゼでは、生理中のVライン・Iライン・Oライン脱毛はできません。

デリケートゾーン以外は、体調に問題がなく、痛み止めなどの薬を飲んでいなければ受けられます。

ミュゼプラチナムの脱毛メニューとコース料金について

両ワキ+Vラインのキャンペーンプランのほかに、ミュゼにはどんなメニューがあるのか、部分脱毛全身脱毛に分けて紹介していきます。

※表示料金はすべて税別です。

部分脱毛をしたい方

気になる部分だけ脱毛したい、または、すでに他のサロンやクリニックで脱毛済みで、残った毛の処理をしたい方におすすめなのが、以下の2つのコースです。

①フリーセレクト美容脱毛コース

Lパーツ(腕や足などの大きなパーツ)9ヶ所、またはSパーツ(えり足・手の甲・Iラインなどの小さなパーツ)11ヶ所から、好きな部位を選んで脱毛できます。

1回 4回 6回
Lパーツ デイプラン 7,500円 30,000円 45,000円
レギュラー 9,000円 36,000円 54,000円
2回 8回 12回
Sパーツ デイプラン 7,500円 30,000円 45,000円
レギュラー 9,000円 36,000円 54,000円

「デイプラン」は平日の12時~18時まで「レギュラー」は営業時間内ならいつでも予約が取れるプランです。

この料金をみて、「結構高い」と思ったかもしれませんが、実は4回以上のコースは全て、ミュゼのアプリをダウンロードするだけで半額になります。

例えば、Sパーツのデイプランの場合、12回コースが通常45,000円のところ、アプリのダウンロードで22,250円になります。

12回受ければ、自己処理はずいぶん楽になりますよ。

②ハイジニーナ7 VIO脱毛コース

ハイジニーナとは、デリケートゾーン脱毛のことをいいます。

キャンペーンコースに含まれるVラインのほか、Iライン(陰部の両サイド)、Oライン(ヒップ奥)など、デリケートゾーンを全て処理するプランです。

Vラインは全てなくすことも、好きな形に整えることもできるので、どんな下着でもはける、水着を着るときや急なお泊りのときにも自信を持てるなど、最近特に人気のコースです。

こちらも4回以上のコースは下記料金から、アプリのダウンロードで半額になります。

1回 4回 6回
デイプラン 15,000円 60,000円 90,000円
レギュラー 18,000円 72,000円 108,000円

全身脱毛をしたい方

では次に全身脱毛のコースを見ていきましょう。

①全身脱毛コースバリュー

足全部と背中、腕全部と上半身前面など、12パターンから選べるセットコース。

脱毛したい箇所が多い人や、見える部分は全て脱毛したい人にお得なプランです。

※アプリダウンロードで下記料金の50%オフ(4回コース以上)

1回 4回 6回
デイプラン 26,250円 105,000円 157,500円
レギュラー 31,500円 126,000円 189,000円

②全身脱毛コースライト

「気になる部位はたくさんある、でも全身ツルツルにする必要はないかな」そんな人におすすめの、人気の部位8~10ヶ所を組み合わせたコース。

3つのなかからお好みのプランを選べます。

※アプリダウンロードで下記料金の50%オフ(4回コース以上)

1回 4回 6回
デイプラン 39,375円 157,500円 236,250円
レギュラー 47,250円 189,000円 283,500円

③全身脱毛コース

顔を除く全身18ヶ所を全て脱毛するコースです。

「部分脱毛をして効果が実感できたら、他の部位もやりたい」と考える人も多いですが、いつかは全身ツルツルにしたいのなら、はじめから全身脱毛コースにした方が、一部位あたりの金額が断然お得になります。

※アプリダウンロードで下記料金の50%オフ(4回コース以上)

1回 4回 6回
デイプラン 52,500円 210,000円 315,000円
レギュラー 63,000円 252,000円 378,000円

ミュゼプラチナムで脱毛するのにかかるリアルな回数と脱毛期間

どれくらい通えばツルツル肌になれるのかは、気になるところですよね。

5~6回で大丈夫、20回かかった、などさまざまな口コミを見かけますが、実際のところはどうなのか、エステティシャンに聞いてみました。

明らかな効果が感じられるのは10回くらいから

ゼロからのスタートの人が「自己処理がずいぶん楽になった」と感じるのは、10回目あたりから。

毛量や肌質などの個人差、部位によっても違いますが、毛がほとんど生えなくなるまでには、早い人で12~15回、VIOは18~20回ほどかかるようです。

脱毛完了までの期間は通う頻度によって変わる

ミュゼの脱毛は1ヶ月間隔で受けられるので、順調に通えば1年~1年半ほどで完了する計算です。

ただ、予約がスムーズに取れず、間隔が2ヶ月、3ヶ月と空いてしまうと、3年以上かかることもあります。

【こんなところがおすすめ】ミュゼプラチナムの効果やメリット

ミュゼプラチナムの良いところや、他のサロンに比べておすすめのポイントを紹介します。

ワキ脱毛+Vライン脱毛がどこよりも安い

数えきれないほどの脱毛サロンやクリニックがありますが、ミュゼよりもワキ脱毛とVライン脱毛が安いところはありません。

しかも、1度申込みをすれば、期限もなく何回でも何十回でも満足するまで通えます。

「とりあえずワキだけはキレイにしたい」「Vライン脱毛を試してみたい」「脱毛にあまりお金がかけられない」という人には、本当におすすめです。

脱毛だけでなく美肌効果もある

ミュゼで行うのはただの脱毛ではなく、”美容脱毛”です。

照射と冷却のみ行うサロンやクリニックも多いなか、ミュゼでは毎回、美肌効果や保湿効果のあるプラセンタエキス配合のローションを仕上げに塗ります。

2週間~1ヶ月に1回、施術のたびにお手入れをすることで、毛穴の目立たないキレイな肌になれます。

エステティシャンの方も、「いきつけのエステに通う感覚でいらしてくださいね」と言っていましたが、脱毛だけでなく、お肌のメンテナンスをするように通えるのがミュゼの魅力です。

施術がとても丁寧

今回、ミュゼで脱毛を受けて印象に残ったのが、施術がとても丁寧だったこと。

特にVIOラインは、場所によって痛みの強さが違い、エステティシャンの方もそれをよく分かっているので、痛い部分はゆっくり声をかけながら、そうでもない部分はスピーディーに、それぞれの部位に合わせた照射をしてくれます。

最短○○分といったスピードを売りにしているサロンのなかには、「はい次、はい次」という風に流れ作業のように進めるところもあります。

もちろん、脱毛に慣れている人や、できるだけ短時間で終わらせたい人はこういったサクサクと進めるサロンの方が合っていることもあります。

ただ、脱毛が初めての人や、私のようにVIOラインは恥ずかしいと思う人には、丁寧で気遣いの感じられるミュゼの施術がとてもおすすめです。

剃り残しの際にシェービング料金がかからない

他の多くのサロンと同じように、ミュゼでも脱毛部位は自宅でシェービングしていく必要があります。

ただ、自分では見えづらい背中・腰・ヒップ・ヒップ奥の剃り残しは、エステティシャンが手伝ってくれます。

私も頑張ってシェービングしていきましたが、それでも剃り残しがあり、Oラインはもちろん、規定にはないIラインも無料で処理してもらえました。

厳しいサロンは、数本の毛でも剃毛料金が発生するか、その部位を外して照射することもあるので、ミュゼのシェービングルールはかなり融通がきくと感じました。

特に、I・Oラインや体の背面部をきれいに自己処理することは難しいので、シェービングに自信がない方にはミュゼはとてもおすすめです。

キャンセル料金がかからない

直前のキャンセルや予約変更をすると、キャンセル料がかかったり、施術1回分が消化になったりするサロンは少なくありません。

その点、ミュゼには回数保証があり、契約した回数分は必ず通うことができますし、当日でもキャンセル料金はかかりません。

ただし、直前の予約は取りにくいので、できるだけキャンセルしなくてすむよう、計画を立てて予約を取りましょう。

店舗数が多く通いやすい

ミュゼは全国に170店舗以上を展開しています。

残念ながら山口県、愛媛県にはありませんが、それ以外の都道府県は網羅しているので、地方に住んでいる方でも通いやすいです。

また、ミュゼは店舗間の移動が自由なので、休みの日は自宅近く、平日は仕事帰りといった通い方もできますし、引っ越しや転勤があっても続けられます。

また、いつものサロンは予約が取れないから、今回は別のサロンに行くという使い方もできます。

【いまいちなところ】ミュゼプラチナムのリスクやデメリット

では反対に、残念だなと思う点です。

全身脱毛が高め

ワキとVラインは激安、そしてパーツごとの脱毛は一般的な価格のミュゼですが、全身くまなく脱毛するとなると、高額になります。

脱毛箇所が多い場合は、料金が50%オフになるアプリを必ずダウンロードしましょう

また、時間に融通の効く方であれば、平日12~18時限定の「デイプラン」の利用が数万円単位で安くなるので、ぜひ利用してください。

予約が取りにくい

ウワサには聞いていましたが、予約は想像以上に取りにくく、通常会員の人が、最短の1ヶ月に1回ペースで通うことは難しいです。

ただ、通常のサロンと同じように2~3ヶ月に1回ペースであれば、希望日を限定しすぎなければ可能です。

ミュゼは知名度が高く、会員数も多いので仕方ないのかなとも思いますが、もう少しスムーズに通えるよう改善してほしいと感じました。

永久脱毛ではない

永久脱毛と呼べるのは、レーザー脱毛とニードル脱毛だけ。

ミュゼをはじめ、エステで行う光脱毛は毛の生えるスピードを遅くしたり、生えにくくする制毛や減毛です。

これは、エステティシャンの方もはっきり言っていましたが、何年か経ったときに産毛のような毛が生えることはあるそうです。

ただ、ミュゼの回数・期間無制限のコースなら、数本生えてきたらその都度照射してもらえるので、ずっとキレイな肌を保つことができます。

顔脱毛がない

ミュゼには、顔脱毛のメニュがーがありません。

全身脱毛18ヶ所のコースも、えり足から下の部位になるので、顔は含まれません。

【まとめ】ミュゼプラチナムはこんな人におすすめ!

実際にカウンセリングやコースを受けてみて、ミュゼはこんな人におすすめと感じました。

●脱毛が初めての人
●リーズナブルに部分脱毛を始めたい人
●とりあえずワキとVラインだけは処理しておきたい人

正直、全身脱毛はミュゼよりも安いサロンは他にもたくさんあります。

ただ、ワキとVラインに関しては、間違いなくミュゼが1番リーズナブルです。

脱毛サロンに通うのが初めての人や、ワキとVラインだけは最低限キレイにしておきたい人は、ぜひ検討してみてください。

ミュゼプラチナムの最新キャンペーンページはこちら

最新の脱毛キャンペーン情報をまとめてみました

2019年9月度の脱毛キャンペーン一覧表を確認するならこちら

先週アクセスの多かった脱毛の人気記事BEST3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加