効果あり!?脱毛タオルを使った背中のうぶ毛処理方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛タオル

背中ってよく見ると産毛がたくさん生えていて、オフショルダーなどの襟ぐりが大きく開いた服や水着を着ると、結構目立ちます。

でも、手が届かないし、自分ではよく見えないし、どうやって処理すればいいの?

今回は、そんな背中のムダ毛を自宅でセルフ処理できる「脱毛タオル」について解説していきます。

こんな人は読んでみて!
  • オフショルダーの服を着るとき、なんとなく自信が持てない
  • 背中のムダ毛処理方法が分からない
  • 結婚式やパーティーなどで、背中が開いたドレスを着る予定がある
  • 彼氏ができて、背中のムダ毛が気になりはじめた

上記のような方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

脱毛タオルとは?

脱毛タオルは、複雑に編み込まれた繊維で、毛を絡め取るムダ毛処理アイテムです。

また、ムダ毛だけでなく、古い角質や毛穴の汚れも取れるので、背中がスベスベになるという女性に嬉しい効果もあります。

脱毛タオルには2種類の素材がある

脱毛タオルには、大きく分けて2種類の素材があります。

  • 化学繊維:ポリエチレン・ポリエステル・ナイロンなど
  • 天然繊維:シルク(絹)・コットン(綿)

化学繊維の脱毛タオルは、種類が多くリーズナブルです。

ただ、強くこすりすぎると、肌を保護する皮脂膜が取れて肌が傷ついたり、乾燥したり、摩擦により黒ずみなどの色素沈着が起こる可能性があります。

一方、天然素材の脱毛タオルは、種類が少なく、価格が少々高めですが、肌に優しい、美肌効果が高いといった特徴があります。

脱毛タオルの使い方

脱毛タオルの使用方法は、一般的なボディタオルと同じ。

ボディソープや石鹸をつけ、泡立てて洗うだけです。

ただし、早く効果を出したいからといって、ゴシゴシこするのはNG。

力を入れすぎたり、同じ場所を何度もこすったりすると、肌表面を傷めてしまいます。

特に化学繊維の脱毛タオルは、天然素材よりも刺激が強いので、やさしく洗いましょう。

また、脱毛タオルはボディ用なので、顔には使用しないでください。

脱毛タオルの効果やメリット

では、脱毛タオルでのムダ毛処理にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

手軽で簡単だから続けやすい

脱毛タオルでのムダ毛処理は、とにかく簡単。

いつものボディタオルやスポンジの代わりに使うだけなので、面倒なことが苦手な方や飽きやすい方でもラクに続けられます。

カミソリや除毛クリームでは処理できない部分まで届く

背中は自己処理が最も難しい部位です。

カミソリ・除毛クリーム・脱毛テープなどは、手が届かないので使うことができません。

脱毛タオルは長さがあるので、背中全体にしっかり届きます。持ち手があるタイプなら、さらに使いやすいでしょう。

価格が手頃

脱毛タオルは、800~2,500円ほど。

1度購入すれば長く使え、コストパフォーマンスが良いです。

タオルの劣化や衛生面を考えると、3ヶ月を目安に買い換えるのがおすすめですが、それでも除毛クリームや脱毛石鹸など、消耗品の除毛アイテムと比較すればリーズナブルです。

ピーリング効果で背中がスベスベになる!

脱毛タオルには、古い角質や毛穴の汚れを除去するピーリング効果があります。そのため

使っているうちに、背中がツルツルになった!

という声や、背中にきびがなくなった、できにくくなったという声も多いです。

初めは脱毛目的で使い始めたけれども、美肌効果が気に入ってリピートしている人が多いのも、脱毛タオルの特徴です。

脱毛タオルでムダ毛処理をするデメリットやリスク

次に、脱毛タオルのデメリットについて見ていきます。

肌にダメージを与える可能性がある

化学繊維の脱毛タオルは、使い方によっては肌に負担をかける恐れがあります。

また、強い刺激を長期間肌に与え続けることで、色素沈着を起こして肌が黒ずんでしまう可能性もあります。

きれいな肌になりたいと思えば思うほど、一生懸命こすってしまいがちですが、むしろ逆効果です。

くれぐれも力を入れずに、やさしく洗うようにしましょう。

マイクロファイバーの脱毛タオルはふわふわとして柔らかいですが、繊維が細いため、強い力でこすると肌を傷つけます。敏感肌の方は、シルクやコットンなど、天然素材の脱毛タオルが安心です。

脱毛タオルで背中のムダ毛を完璧になくすことはできない

「脱毛タオルで背中をツルツルにしたい!」という人には残念ですが、脱毛タオルだけで、ムダ毛を全てなくすことはできません。

なかには、毎日使ったらうぶ毛が少なくなったという口コミも見かけますが、光脱毛医療レーザー脱毛のように無毛にはなりません。

脱毛タオルに期待できるのは、どちらかというとムダ毛処理効果よりもピーリング効果です。他の脱毛方法と合わせて使えば、きれいな背中に近づけますよ。

脱毛タオルでムダ毛処理を行うタイミングと頻度

家庭用脱毛器や除毛クリーム、脱毛テープなどのムダ毛処理グッズは、数日に1回、2週間に1回など、使用のタイミングが決まっています。

それは、毛周期に合わせて使うことで脱毛効果を高めたり、使いすぎによる肌への負担を少なくしたりするためです。

一方、脱毛タオルは、正しい使い方をすれば肌にダメージを与える心配がないので、タイミングや頻度を気にせずに、毎日使えます。

脱毛タオル使用後のアフターケア方法

脱毛タオルには、古い角質を取り除いて肌をなめらかにするピーリング効果があります。

一方で、角質が除去された肌は、乾燥しやすくなっています。

乾燥は、肌の老化や皮膚トラブルの原因となるので、使用後は化粧水や美容液で十分に保湿ケアをしましょう。

脱毛タオルのケアも忘れずに!
石鹸がついたまま、濡れたままにしておくと、タオルに雑菌が繁殖します。不衛生なタオルは肌トラブルの原因になるので、使ったあとはしっかりすすいで乾燥させましょう。

脱毛タオルの料金相場

脱毛タオルの値段の違いは、素材によるところが大きいです。

ポリエステルなどの化学繊維は比較的リーズナブルで、安いものは数百円で購入できます。

一方、シルクやコットンなどの天然素材は若干高めで、2,000~2,500円ほどが相場です。

商品名 価格 材質
ウォッシングエピタオル 954円 ポリエステル他
キクロン 背中美女 493円 ポリプロピレン他
トレシー パーフェクトボディクロス 1,512円 ポリエステル他
美ホワイトエピタオル 950円 ポリエステル他
シルク洗浄タオル 背中美人 2,450円 表シルク100%+裏コットン100%
天然生成 絹ボディタオル 2,052円 シルク100%

※価格は販売店や時期によって変動します。

脱毛タオルを買うならドラッグストア?アマゾンや楽天?

脱毛タオルは、ドラックストアやLoft、plazaなどのバラエティショップ、ドン・キホーテ、大型スーパーなどで販売されています。

店舗なら、実物を見たり、肌触りを確かめたりしてから購入できますが、種類が少なく、選択肢がないというデメリットも。

特に、天然素材の脱毛タオルは、ドラッグストアでは扱っていません。

たくさんの種類から好みの脱毛タオルを選ぶなら、アマゾンや楽天などのインターネット通販がおすすめです。

おすすめ!人気の脱毛タオル

脱毛タオルは種類が多いので、どれを買ったらいいのか分からない方は多いと思います。

ここでは、インターネットで購入できる脱毛タオル初心者さんにおすすめの商品を3つ紹介します。

【シルク洗浄タオル 背中美人】1枚でシルクとコットンの両方が使える

片面はコットンパイル、もう片面はシルクパイルと、1枚に2つの天然素材を使用した脱毛タオルです。

初めにやや固めのコットンパイルで洗い、仕上げにシルクパイルでマッサージするようにして磨くと、肌がスベスベになります。

価格はちょっと高めですが、美肌効果が目的でリピートする人も多い大人気商品です。

  • 参考価格:2,646円(税込)
  • 材質:シルク+コットン

シルク洗浄タオル 背中美人の購入はこちら

【美ホワイトエピタオル】気持ちいい刺激でうぶ毛をしっかり除去

マイクロファイバーを複雑に織り込んだ「美ホワイトエピタオル」。

乾いているときはふわふわと柔らかい手触りですが、水を含ませ泡立てて洗うと、意外にしっかりとした肌触りに変わります。

細い繊維が産毛や古い角質を絡め取るので、背中にきびや肌のざらつきが気になる方にもおすすめ。

生地に白金ナノコロイド、シルクプロテイン、アルガンオイルが配合されていて、ツルツルなお肌を目指せます。

  • 参考価格:950円(税込)
  • 材質:ポリエステル85%他

美ホワイトエピタオルの購入はこちら

【キクロン 背中美女】持ち手つきで洗いやすさバツグン

ボディタオルやバス用品を40年以上も開発・製造してきた”キクロン”の背中用脱毛タオル。

両端に持ち手がついているので、スポンジでは届かない背中全体が隅々まで洗えます。泡立ちも泡切れも良く、使い勝手バツグン。

先に紹介した2商品に比べて固めの肌触りなので、肌質によっては少し痛いと感じることも。

肌トラブルが少ない人、また、リーズナブルな商品なので、1度脱毛タオルの効果を試してみたい人におすすめです。

  • 参考価格:493円(税込)
  • 材質:ポリプロピレン70%他

キクロン背中美女の購入はこちら

脱毛タオルと他のムダ毛処理方法を比較!背中の産毛ケアをするならどの方法がいい?

背中の産毛処理は、脱毛タオル以外にも方法があります。それぞれの違いを比較してみました。

処理方法 肌への負担 コスト 脱毛効果 処理頻度
脱毛タオル 小さい 800~2,500円 低い 毎日~
脱毛石鹸 小さい 2,000~3,000円 低い 毎日~
カミソリ 大きい 100円~ 処理直後はきれい 2~3日ごと
電気シェーバー 小さい 2,000~3,000円 深剃りできない 2~3日ごと
光脱毛/医療レーザー脱毛 小さい 背中脱毛:5~17万 永久脱毛、またはそれに近い効果 1~3ヶ月ごと(マシンの種類による)

脱毛タオルは、肌への負担が少なく、コストもあまりかからないので、手軽に挑戦できるムダ毛処理方法としておすすめです。

カミソリや電気シェーバーでは処理しづらい背中も、タオルならしっかり届きます。

ただ、脱毛タオルだけで背中の産毛をすっかり無くすことはできません。

ムダ毛の一切ない背中を目指したい女性は、脱毛サロンの光脱毛や、クリニックの医療レーザー脱毛の方が確実です。

合わせて読みたい

【まとめ】脱毛タオルには美肌効果はあるが、背中の産毛ケアをするのは難しい

使いやすさ・手軽さ・コストにおいては優秀な脱毛タオルですが、肝心の脱毛効果や除毛効果はあまり期待できません。

ただ、脱毛タオルは、

  • 角質が取れて肌がスベスベになる
  • 背中にきびができにくくなる

などの美肌効果に優れているので、エステ脱毛や医療レーザー脱毛と合わせて使えば、完璧な背中美人が目指せます。

ぜひ、背中ケアアイテムのひとつとして、脱毛タオルを利用してみてはいかがでしょうか。

先週アクセスの多かった脱毛の人気記事BEST3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加